ごあいさつ

理事長ごあいさつ

1966年日本で最初の子ども劇場が福岡に誕生し、1971年に西日本子ども劇場連絡会が発足、その歴史を引き継ぎ九州沖縄地方子ども劇場連絡会 は、32年の歩みを続けてきました。その九州沖縄連絡会から「こどもあーと」は2001年に設立しました。
  法人設立後この2年間、学校週5日制完全実施、子どもゆめ基金創設、 文化芸術振興基本法制定など、国政レベルではいろいろな変化が起こっています。しか し、現実の子どもたちをとりまく状況は一向に改善の兆しは見えず、子どもたちをめぐる不幸な事件は後を絶 ちません。

 今も子どもたちが 日々暮らしている家庭、地域、学校、社会が非常に深刻な状況におかれています。世界的にも重大な危機が子どもたちを襲っています。その中でもしなやかにた くましく生き抜き、育っている子どもたちがいます。私たちは世界中の子どもたちが平和 で幸せに生きられる地球社会をめざします。

 現在、社会に求め られているのは21世紀にふさわしい「新しい子育て文化のビジョン」です。各地の子ども劇場運動が培ってきた「子どもたちの友達づくり」、「地域での協同 の子育て活動」、「文化芸術活動を豊かに育てた文化のまちづくり」、「子どもが参加することで地域活動の活性化」など、さまざまな実践的なソフトに磨きを かけ、地域に還元し、住民ぐるみの新しい協同をすすめなくてはならない時期となっています。その重要な一翼を担い、活動をすすめることが「こどもあーと」 (特定非営利活動法人九州沖縄子ども文化芸術協会)の一番の役割です。 子どもたちの幸せ を願う一人一人の小さな声も、たくさん集まれば大きな力となります。子どもとともに子どものパートナーとして、みなさんご一緒に新しい地域を創っていきま しょう。

特定非営利活動法人  九州沖縄子ども文化芸術協会 理事長 柳田 茂樹

Copyright (C)SCCD. All rights reserved.